新山詩織 / 無料生配信live「in my room」に行ってみた

LINEで送る
Pocket

新山詩織
7/9(金)に観ました。

YouTube Liveからの無観客ライブ配信を観ました📹

セットリスト

  1. smile for you
  2. 気まぐれ
  3. だからさ
  4. Do you love me?
  5. きらきら

詩織ちゃんのライブを観るのは「新山詩織 LIVE OF PAUSE 20181212 ~my place & your place~」以來ですね。
すっかりべっぴんさんになり、ラフな格好で佇んでいました🥰
机の上にはガーベラとゆらめく蝋燭。後ろの壁には新グッズのトートバッグがかけられています。
そんな詩織ちゃんが最初に歌ったのはアカペラの「smile for you」でした👏ほんと癒されますね😇歌い終わった後にはスタッフさんの拍手が👏
ちょっと照れくさそうにアコギを持つ詩織ちゃん🎸
「皆さんこんばんは。新山詩織です。久しぶりです。お元気でしたか❓」
「元気ですとwww」
「今日はほんとにほんとに久しぶりの配信ライブということで、久しぶりの皆さん、初めましての皆さんも沢山いると思うのですが、テーマが「in my living」ということで、私の部屋の中で、皆さんに歌を聴いてもらえたらいいなという気持ちでいるので。」
「ぜひ、好きな飲み物飲んだりだとか、好きな食べ物食べたりだとか、ほんとにまったりゆっくり聴いてもらえたらいいなと思います。最後まで楽しんでいってください。」
「じゃあ、早速次の曲に行きたいと思います。2nd Album『ハローグッバイ』から「気まぐれ」聴いてください。」
詩織ちゃんのアコギがアップで映し出されると、詩織ちゃんの手のネイルがはっきり見えます✨
6年前にリリースされたけど、色褪せることなく、詩織ちゃんの歌声が聴けるのが醍醐味である。スイッチャーがいい仕事をしていて、今度は詩織ちゃんの顔がアップになる🤤
転調する前のサビでケチャをやってしまった私がいましたw
机の上に置いてあるカップの飲み物を飲む詩織ちゃん☕
「改めまして新山詩織です。皆さんゆっくり過ごせてますか❓過ごせてますか❓笑」
「おかしいか。観えてますか、ちゃんと。ほんとにほんとに2年半ぶりの配信ライブ。こうやって歌うのがほんとに久しぶりで、ちょっとずっとドキドキはしていたんですけど。」
「何より顔が直接観えないのが、残念ではあるんですが、こうしてまた画面を通して、皆さんと会えることを楽しみにしていました。本当にありがとうございます。」
「え〜、先週の土曜日ですね。7月3日に久しぶりにNACK5さんに出演させていただいて、ええNACKのスタッフさん、バカボンさん含めて、ほんとに何年ぶりにお会いして、何も変わらず、ほんとに暖かく迎えてくださって、私も楽しい時間を過ごすことが出来ました。」
「はい。でも、そのラジオの中でもあのお話をちょっとしてたんですけど、この休止中の二年半の間、うん。本当は音楽活動をしてた時にはなかなか出来なかったことだったりとか、難しかったことを自分なりに一つ一つトライしていたような感じでした。」
「運転免許取ったりとか、後ラジオでも言ったように専門学校に通っていたりとか、ですね。結構学校での生活が凄く自分にとって大きかったかもしれないです。」
「う〜ん、ちょうど年代が私より5,6歳下の子がほとんど、クラスメイトが年下の子ばっかりだったので、最初ドキドキしてたんですけど、ほんとに個性的な子が沢山いて。」
「でも、毎日毎日いろんな会話をしていく中で、また活動の時には見えなかった自分のいい部分だったりとか、逆に悪い部分だったりとか、いろんな面が事細かく、見えてきて。」
「う〜ん、なんかそういう面でも凄く二年半の間でいろんなことを吸収出来たなって。沢山発見気づきもあったなっていう思いがあります。」
「うん、そうですね。でも、ほんと出会う人、いろんな話をしていく中で、もう誰かと話すことを改めて実感したし、う〜ん、その中でこう、いろんなことが分かってきたりするので、人との関わりを大事にしたいなと改めて思いました。」
「でも、音楽再び始めようと思ったきっかけは、やっぱり人との出会いで、みんな出会う人出会う人、音楽が好きだったんですよ。気付いたら周りも音楽で溢れていて。」
「その時、自分が音楽から離れられないんだなと、凄く実感して、それから詞を書いたりとか、曲を書いたりとか、またし始めて、う〜ん、また家族だったり、友人だったり、いろんな話を重ねて、いままた再びこうやっていられます。」
「本当に私の頑固で我儘なことを受け入れくれた本当に沢山の人に感謝の気持ちでとてもいっぱいです。ほんとにありがとうございます。」
「はい。長々と喋ってしまったんですが、まさに次の曲は私が中学三年生、卒業前に作った初めてのオリジナル曲なんですけど、またその時も人間関係がなかなかうまくいかなくて、でも人は好きで、葛藤から生まれた曲でした。」
「ではその曲を改めて自分で歌えたらなと思います。では聴いてください。「だからさ」。」

MCトークの喋り方は変わらないけど、こんなに長く喋るなんてびっくり😳自分を見つめ直して客観的に冷静に分析する詩織ちゃんを見習いたい。
詩織ちゃんと初めての出会いは「だからさ」。0th Singleで2013年4月12日までのメルマガ会員限定プレゼントだったんだよね。ジャケットにガーベラが描かれていたけど、まさかそんな伏線がw
「だからさ」を手に入れたあの頃の私は人間関係や仕事関係にモヤモヤしていて、「だからさ」を聴いて救われた思い出。
そんな余韻を浸りながら、詩織ちゃんが披露した「だからさ」を拝聴していたのであります。
アコギのチューニングをする詩織ちゃん。
「毎回チューニングしていると、どうしても黙っちゃんですよ。すいません。」
「ちゃんと聴けてますか❓大丈夫ですか❓配信だとどうしても途切れちゃったりする時があるので。大丈夫かな❓」
「え〜、次の曲に行きたいと思うんですが、次の曲は新曲という形になります。うん。まさにリビングで出来た曲なんですけど、やっぱり今言葉にするのは正直嫌ではあるんですが。」
「まあ、コロナが拡がって、いろんな人と距離感というのが出来たと思うんです。今まで無かったような距離感が。」
「で、それは人によっては家族だったり、友達だったり、恋人だったり、人それぞれだと思うんですが、その距離が出来たからこそ、今まで簡単に伝えらていたことが、伝えられなくなってしまったりだとか、言いづらくなっちゃったりとか。」
「うん。私もちょくちょく周りの友人にそういう話を聞くことが増えて、う〜ん、そういう時に感じるもどかしさとか、虚しさとか、そういうのを自分なりに曲にしてみました。何か少しでも届いてくれる人がいたら嬉しいです。」
「では、それでは聴いてください。「Do you love me?」。」
視聴者を気にかける詩織ちゃんが次に歌う曲はまさかの新曲😳歌詞自体はしんみりしてしまう内容なんですが、詩織ちゃんの儚い歌声とアコギのぽろんとした音色がより一層心が締め付けられました🎸🦠🥲
私は詩織ちゃんのことが好きですよ←
「ここからはちょっとギターを置いて、はい。」
スタッフから手渡されたiPadを受け取る詩織ちゃん。
「はい。そうなんです。自分のiPadを持っているんですが、ここからはQ&Aコーナーということで、皆さんからいくつか質問をいただいて、私が答えていくのをしてみたいなと思います。」
「ぜひなんか何でも質問をいただければ、嬉しいです。私拾います。」
「時差があるんですね。」
「ちょっとコメントを折角なので読ませてもらおうかな。」
「Q:指のネイル何色ですか❓」
「A:ネイビー」
詩織ちゃんの手元を映すカメラマンナイス👍
「Q:衣装のポイントは❓」
「A:衣装のポイントはギターも持っていると見えないんですが、下で二重に結んであって。」
「Q:今、何の飲み物を飲んでいますか❓」
「A:今は普通にお水を飲んでます」
ドヤ顔をキメる詩織ちゃん👍
そのコップは詩織ちゃんのマイコップなのかあ。
「Q:免許取ってどこ行きましたか❓」
「A:まだ、免許を取って遠出はしたことないんですけど、割と近場のご飯処とかに車乗って行ったりとか、友達乗せてドライブしたりとか、普通に公園とかよく行きます。」
「Q:紅茶派からコーヒー派になったの❓」
「A:元々お茶を飲んでいたのですが、なんかコーヒーめちゃくちゃ飲むようになりました。毎朝必ずコーヒー飲んでます。」
早すぎてコメントが中々拾えない詩織ちゃん💦
「Q:寝る前に必ずすることありますか❓」
「A:寝る前はストレッチをしたりとか、後暖かいお茶を飲んだりだとか。」
後二つ答えるそうな。
「Q:最近よく聴く曲は❓」
「A:ルーシー・ローズ、ボーイ(もう一組が上手く聴き取れなかった。。)」
「Q:配信前、おにぎり食べましたか❓」
「A:食べました🍙笑」

YouTube Liveのコメントを拾って、みんなの質問を答えるのはいいですね。直接会えなくても、双方向のやりとりが出来るのですから。
ここで新グッズの紹介をする詩織ちゃん。私は買い損ねてしまったのですが😭
「次の曲で最後になります。早いねほんと。」
「今日このやってる場所、凄い素敵な場所で、ほんとに部屋の中で弾いているような感覚。私も最初からやれて心地よいです。」
「今日スタートが夜8時から、遅めの時間からだったので、だいぶ眠くなるかと思うかもしれない。もしかしたら夜更かしする方もいるかもしれないですけど。」
「最後、ライブが終わった後もゆっくり過ごせるように、いい夢を見て、いい眠りにつけるように、最後この曲で締めたいなと思います。」
「はい。では、聴いてください。「きらきら」。」
この曲も2nd Album『ハローグッバイ』で、2曲目に披露した「気まぐれ」の次の曲に収録されている。
そんな「きらきら」を聴いていると、いい夢見ごちになれそうな気がして、終始まったりゆったりとした時間が流れていました。
Q&Aコーナーでアコギは置きましたが、もちろんアコギ一本の弾き語りでしたよ🎸笑
5曲と少ない配信ライブではありましたが、詩織ちゃんのプライベートや人隣が垣間見えましたし、リアルで詩織ちゃんのライブを観たいし、新曲の音源をゲットしたいです。

公式サイト

© Being,Inc.All Rights Reserved.
© 2021 Twitter, Inc.
© 2021 INSTAGRAM FROM FACEBOOK

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)