LUPINUS ROCK FESTIVAL 2022に行ってみた

LINEで送る
Pocket

LUPINUS ROCK FESTIVAL 2022
4/2(土)に行ってきました。

少し月日が経ってますが、記したいと思います。

ライブチケット
まずはIRIS MONDOから。

セットリスト(IRIS MONDO)

  1. 比と並
  2. foo fighter teleport
  3. DISC DINNER
  4. 迷信ステレオタイプ
  5. awake
  6. hello new day
  7. 比と並

ステージに入った時にグータッチをするくるみちゃんとさったん。
韻を踏んだり、早口で歌ったり、感情をぶちまけるように激烈に歌うくるみちゃんに圧倒された「比と並」。
「foo fighter teleport」に振付あるの知らなかったけど、腕を右から左に流すだけだが。
メンバー紹介をするくるみちゃん。ドラムとギターのソロプレイがカッコよかったなあ🥁🎸
お客さんが増えて来て、移動してもらうように促すくるみちゃん。
お客さんいっぱいでIRIS MONDO観れねえ〜は嫌だよね。
「3・2・1で言ったら、一緒にジャンプ」
私も一緒にジャンプしたぞよ🤤
さったんのギタープレイはいつ観てもカッコいいので、「DISC DINNER」から「迷信ステレオタイプ」へと流れていき、くるみちゃんとさったんが肩を寄せ合うのは尊さを感じた🥰
Bメロでクラップしたり、体を揺らしながら「awake」を楽しんでいたわけですが、IRIS MONDOは最高だなと改めて思いました。
「hello new day」はIRIS MONDOで割と好きな曲なので、目一杯クラップに力を入れましたな👏
さったんのギタープレイがさらにカッコよさを増し、テンションがCLIMAXに近づいていくのを感じた。
最後に「比と並」を再び披露すると思わなかったなあ。
これは入場規制ですわ。
これはいつもの変身チェキ📸

そういえば、ガチャガチャやろうと思ったけど、売れ切れやった😇
でも、春カクテル(桜ジンジャー)は美味かった🤤
春カクテル
桜ジンジャー

セットリスト(TENDERLAMP)

  1. TAMAYURA-RI
  2. ゆめものがたり
  3. あわだより
  4. HOMETOWN
  5. まよなかさんぽ

TENDERLAMPのライブは前回のルピナスロック以来になってしまったが、AMIワールドは健在だった。
「TAMAYURA-RI」から始まり、緩い世界観を演出しているわけだが、サビではクラップを力強くやったぜ👏
珍しくスカート姿のAMI。そしたら「ルピナスロックを楽しんでますか❓皆さんに今日やってほしいことがあります。ルピナスのアルファベットのAを取ってですね、Aのポーズをみんなで行きますよ。」
何故それをやるのか❓そんなのは愚問なので、みんなでAのポーズをするお客さん達。AMIのAをかけたんだろうか🤔
来てくれたお客さんに感謝の言葉を述べるAMIが次に歌ったのは「ゆめものがたり」。ポップミュージックがステージに響き渡り、不思議な世界に誘われていく。
くわっちのキーボードの音が心地良い🎹
MCトークで世間話をしながらくわっちの紹介をする。人前に立つとふざけたくなっちゃうAMI。
物販釣り銭用のお金をお家に忘れてしまったという😇
汗をかいてくれないと次のMCに行けないんだよw
汗かいたらお風呂に入れば良いんだよということで「あわだより」を披露する。長い前振りでしたねw
帰りたくても帰れないこの状況。そんな故郷を思い浮かべるように歌ってくれた「HOMETOWN」。
幻想的なエレクトロポップで、温もりを思い出したような気がした。
ちょぴっとだけ自己紹介をした後はAMIのトークで会場に笑いがw自分の財布は諭吉さん一枚しかないのねw
ランプを持ってステージの前を歩くAMIが最後に歌ったのはやはり「まよなかさんぽ」ですね。
足踏みしながらサビのフリコピをする私ですが、案外覚えてる❗️❗️
物販で釣り銭が出ないようにブロマイドを買ったぜ❗️
Bromides(5p)2019AW

セットリスト(GIVE ME OW)

  1. SHIAWASE
  2. Persuade Lemonade
  3. Lover
  4. White Musk
  5. HATAMATA
  6. Universe
  7. Dear Anger

独特な雰囲気を醸し出してはいますが、「SHIAWASE」から始まりました。
美緒の優しい歌声につられながら体を揺らす私。サビの「幸せになれる予感信じて〜♪」が好きですね。
「ルピナスロックを最後の最後まで目一杯楽しみましょう。」
軽快なリズムで英詞をカッコよく歌う「Persuade Lemonade」を流れるような感じで聴いていた私。
美緒の表情やギタープレイを交互に観ている🎸グラスの音が入りましたね。
新曲の「Lover」でテンションが上がってきたのですが、美緒の透き通るような歌声に酔いしれていると、サビでのバックミュージックにハッとさせられる。
MCトークで噛んでしまった美緒w「やばいな。全然カッコつかなかった。」
自らサンプラーを操るスタイルになった「White Musk」。リズムを取りながら体を揺らして、GIVE ME OWの世界観を楽しむ私。
ちょっとだけアカペラになるところが良かったなあ。
サビで手を振るのが恒例な「HATAMATA」をノリノリで歌う美緒ですが、MCトークでトリということで重大な任務というか緊張していたと語る。
新曲の「Lover」と「Lover」が入ったCDを宣伝する。
GIVE ME OWのスタイルは変わっているが、中身は変わっていない。誰でもウェルカム♪
みんなの世界が、みんなの宇宙が愛で溢れますようにと願いを込めた「Universe」が心に刺さりましたねえ。
ユル〜い感じのエレクトロポップが好きなのよ🌎
トリを飾るので、アンコールがあるのですね。
最後の最後に歌った曲は「Dear Anger」でした。
セットリストチェキ

関連記事

公式サイト

© 2022 LUPINUS ROCK FESTIVAL 2022
© 2022 Twitter, Inc.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)