New Album Release One-man Live “よしえイズム” TOKYOに行ってみた

LINEで送る
Pocket

New Album Release One-man Live "よしえイズム" TOKYO
10/15(土)に行ってきました。

少し月日が経ってますが、記したいと思います。

行けるかどうか微妙だったので、手売りチケットは買わなかったのですが、行けることが確定したので、オンラインのチケットを買いました🎫
ライブチケット
もぎった紙チケが貰えるのですね✨
ライブチケット
1Drink+1Foodを頼むしきたり。
1Drink+1Food

セットリスト

  1. コンビニ
  2. 一歩ずつ
  3. 公園
  4. スイートガール
  5. あの人はロックスター
  6. 真夜中のラブレター
  7. クラゲ
  8. ミラーボール
  9. カバのくしゃみ
  10. もう、いいよ。
  11. 自転車
  12. オンリーロンリーヒューマン
  13. あっはっはと泣くのです
  14. 東京⁡⁡⁡

vocal、guiter︰倉沢よしえ
keyboard、chorus︰久光力(bandmaster)
bass︰寺澤俊哉 from め組
drums、chorus︰越智秀之
沖縄⏩大阪⏩宮崎と来て、東京でツアーファイナルを迎えることになった。
緑系の衣装で登場したよっぴー。
最初はソロでアコギの弾き語りで「コンビニ」と「一歩ずつ」から始まった。割と初期な曲も歌ってくれるよっぴー。
ほのぼのした空間から、徐々に明るく声を張り上げるよっぴーのテンションが高まっている。
2曲披露した後、大きな拍手を送る👏
高いテンションのまま「こんばんは〜」。
元気なよっぴーが観ると、元気が貰えるな💪
5年ぶりのアルバムを制作に携わってくれたサポートメンバーをお呼びする。
バンマスを務める久光さんがライブとは全然関係無い全国旅行支援の話をするw
よっぴーがサポートメンバーの紹介を一人ずつしていく。
フルバンドでこの曲を聴けるとは思わなかったけど、「公園」の小さいな鉄琴とトライアングルが印象的で、ステージにキラキラとした空間が広がっていた。
アコギの弾き語りもいいけど、フルバンドもいいものですね。サビのコーラスのハモリもいいし、アウトロでサポートメンバーが犬の鳴き声をするのがウケたw
ひと笑いが起きてからの「スイートガール」の流れがシュールなんだよな。お客さん全員がクラップをして会場を盛り上げる👏
サビでよっぴーが高いキーを出していたけど、凄く綺麗だった✨間奏のピアノもね🎹
ここからはアルバム『うつろい』に収録されている曲を披露していく。
よっぴーの「行くぞ♪」の掛け声で「あの人はロックスター」を少しテンポ早めに披露する。
タイトル通りにロック調にキメてきて、クラップでさらに盛り上がりを見せ、越智さんのドラムと寺澤さんのベースに迫力があったなあ。
テンポが速くなるとクラップも速くなる。ついていくのに必至な私😅
今度はスローテンポで披露する「犬」でちょっとクールダウン。
ほのぼのとしたカントリー曲なのに、こんなにも世界観が大きくなるなんてね☺️
アウトロでみんなで「La la la la」と歌ったけど、私も一緒に歌いたかったなあ。お客さんは声出せないけど。

MCトークでミュージシャンの友達・先輩・仲間達がいっぱい来てくれて、嬉しさを語るよっぴー。
中々音楽を届けられなくて、ライブが出来なくて、歯痒い思いをしていたよっぴー。
その気持ちをラブレターに乗せて、気持ちが伝わればいいなと。
久光さんがほぼアルバムのアレンジに入り、1年かけて作ったっという。次の曲は1番最初に出来たとのこと。
10年後、20年後でも色褪せない音楽を目指し、、
「めっちゃ喋ってる。倉沢よしえさんですか❓」
思わずツッコまずにはいられないよっぴー🤣笑
「真夜中のラブレター」に気持ちを込めて歌うよっぴーが尊い😊
間髪入れずに「クラゲ」を披露していき、イントロから1番にかけて、キーボードの久光さんが奏でる音が不思議な世界観を醸し出していました。
「ミラーボール」を披露すると、会場のミラーボールが回って、キラキラ光っている演出はいいですねえ✨
そりゃあミラーボールが回らないと、意味が無いですからね。
この時はアコギを持たずにハンドマイク1本で熱唱したよっぴー。やっぱ「ミラーボール、ミラーボール、回しても、回しても」が迫力ありますわあ。
このジャズテイスト感が堪らないが、この曲を披露した後のよっぴーと久光さんの掛け合いが面白かったw
色んなことに敏感になりすぎて、繊細な心のせいで生きづらいと感じたよっぴー。
鈍感な心を持っていたら、生きやすくなるんだろうなという想いで書いた曲。
「カバのくしゃみ」を目を瞑りながら、体をちょっと揺らして、よっぴーの口から出る詞を噛み締めていました。私もそういうところがあるからね🥹
ライブで披露する曲をどういう想いで書いたのかMCトークで聴けるのは貴重ですよね。
「もう、いいよ。」は『うつろい』には収録されいませんが、イントロのピアノとウィンドチャイムが素敵でした。
ゆったりとした時間が流れていき、それがそのまま「自転車」にも引き継がれていく。
本当にこの曲を聴くと背中を押して貰えるんだよなあ💪
新しい自分を見つけたいと思ってるし、間違っていれば戻ればいいし、アルバムのタイトルの意味を伝えるよっぴー。
「皆さん、元気ですか❓」
サポートメンバーにそれぞれ話しかけるよっぴー。
本編最後は「オンリーロンリーヒューマン」でしたが、そのライブ映像がYouTubeに上がっているので、それを貼り付けますね⏬

アンコールはよっぴーだけ登場し、ソロのアコギの弾き語りである「あっはっはと泣くのです」を披露した🎸
サポートメンバーが再登場し、よっぴーが再度サポートメンバーの紹介をするが、テンション高いなあw
最後のMCトークで音楽や自分の想いを真面目に話すよっぴー。
最後の最後で「東京」を披露したよっぴー。この曲で締めくくるとか泣いちゃうわあ🥹
最後はみんなで記念撮影📸

物販でサイン色紙とポストカードを購入❗️
サイン色紙
ポストカード
ポストカード
ポストカード
ポストカード
よっぴーをパチリ📸撮り直しさせられましたw
倉沢よしえ
フライヤーだす❗️
フライヤー
フライヤー

公式サイト

Copyright (c) 2017 Yoshie Kurasawa All Rights Reserved.
© 2022 Google LLC

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)