ラストランプ Road to ONEMAN 20230106『結成1周年!ありがとうライブ!』に行ってみた

LINEで送る
Pocket

ラストランプ Road to ONEMAN 20230106『結成1周年!ありがとうライブ!』
11/19(土)に行ってきました。

少し月日が経ってますが、記したいと思います。
去年のお話です。

ここに来るの久しぶりだな。
ライブチケット

セットリスト

  1. 僕らのうた
  2. ノンフィクション
  3. ONELIVE
  4. 幻想ノイズ(新曲)
  5. 陽炎
  6. PopOut!!
  7. 未来Sparkle
  8. カレンダー
  9. 羅針盤

「僕らのうた」から始まったこのライブ。
ラストランプが結成して1周年ということで、メンバー全員気合入っているなあ。
AYAKAちゃんのツインテール可愛いなあ。みんなお立ち台に立つのでよく見える。
まりなのドラムが力強くて、結構体に響いてきますね。🥁
お客さん達の軽快なクラップで「ノンフィクション」がノリノリなってきて、それの応えるかのように煽りが途中で入ってくる👏ゆーみの髪色綺麗やなあ🎸
落ちサビでケチャを送ってしまいました。
最初のMCトークで自己紹介をするメンバー達。
なんでみんな可愛く言ってるのw
「感謝を込めて、みんなに笑顔になって帰ってもらいたい。」
ところどころ笑いが起きるんだけど、自由ですねえ。
タイトルコールされない伝説の曲。
「ONELIVE」を披露したんですけど、初めて聴きましたなあ。
打ち込みのピアノの音と文稀の歌声の重なりが綺麗で、サビのシンバルの音が迫力ありましたなあ。
ゆーみのギタープレイがサマになってたよ🎸
次は新曲で「幻想ノイズ」を披露する。赤・紫・緑の照明に彩られ、少し早めのビートにお客さん達が声を出して盛り上げていく。ゆーみのギターの指の動きが忙しくて、観ていて難しそうに感じた。
と言うより曲全体の難易度が高いので、文稀が息切れしている。息継ぎないの辛いね。
2回目のMCトークで「幻想ノイズ」について語る。曲の最後にさよならと出てくるが、別れの意味じゃないらしい。いつの間にか化粧水の話にw
ドラムソロ、ベースソロもあるんだよね。時折ゆるくなるところがラストランプ。
赤い照明と共に文稀が厳つい声で煽りを入れて「陽炎」をパンクに披露する🔥
そこにはMCトークのゆるさはどこにも無い。このメリハリというか切り替えが流石ですな👏
エッジを効かせたギターのリフは相変わらずかっこいいのよ🎸
ここでタオルを振り回す曲でさらにテンションを上げて、会場を盛り上げていくラストランプ。
「陽炎」と同じくパンクな曲である「PopOut!!」。
サビでタオルを振り回す私🌀メンバー全員が絶叫しているぜ❗️
ここでのAYAKAちゃんのベースソロが秀逸でした。
「疲れた〜」
体力を奪われてしまったメンバー達w
文稀のツッコミに磨きがかかってますなw
3回目のMCトークで1年の活動をしみじみ語っている。
沢山の苦労が積み重なって、ラストランプが出来上がっているんですね。これは貴重なトークだ。
いやあ、まりなは可愛いなあ😍
黄色の照明が印象的な「未来Sparkle」で拳を上げてさらに盛り上げていく✊
本編最後は「カレンダー」かあ。ずっとテンションが高い曲が続いてきたが、ここでちょっとクールダウン。サビはみんなで一緒に手を振って楽しかったなあ👋
最後のMCトークでお客さんで遊ぶAYAKAちゃんwみんなノリがいいなあwファンの名称である「トラっこ」について語り、2年目の目標はMCをかっこよく決める🐯
アンコールは「羅針盤」。青の照明で照らされたラストランプが眩くて、ハンズアップして最後の最後までテンションCLIMAXなライブでしたなあ🙌
最後はみんなで記念撮影📸📹

ラストランプのグッズを買いましたよっと❗️
デモCD
パスステッカー(セットリスト)
パスステッカー(サイン)
お楽しみパス
ランチェキは文稀とゆーみの2Sでした📸

公式SNS

​©ラストランプ
© 2023 Twitter, Inc.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)