アレクサンドル・デュマ 生誕218周年を祝おう!

LINEで送る
Pocket

アレクサンドル・デュマ 生誕218周年を祝おう!
今日はアレクサンドル・デュマ 生誕218周年を祝おう!ということで、Googleのロゴが変わっています。

アレクサンドル・デュマを知らないので、Wikipediaによると、

アレクサンドル・デュマ(Alexandre Dumas, 1802年7月24日 - 1870年12月5日、大デュマとも呼ぶ。)は、フランスの小説家・劇作家。1802年7月24日にトマ=アレクサンドル・ダヴィ・ド・ラ・パイユトリー(トマ=アレクサンドル・デュマ)と母マリー=ルイーズ=エリザベート・ラブーレの子として北フランスエーヌ県ヴィレル・コトレに生まれる。父デュマは仏領サン=ドマング(現ハイチ)で、アレクサンドル=アントワーヌ・ダヴィ・ド・ラ・パイユトリー侯爵と黒人奴隷女性マリー・セゼットの間に生まれ、トマ=アレクサンドルと名づけられる。息子に『椿姫』を書いたアレクサンドル・デュマ・フィス(小デュマとも呼ぶ。)がいる。

アレクサンドル・デュマは、ヴォードヴィル演劇から出発して最初に成功した『アンリ三世とその宮廷』(1829年)、『ネールの塔』(1832年)、『キーン』(1836年)などの歴史ドラマを書き、一躍有名になり、『三銃士』(1844)、『二十年後』(1845)、『ブラジロンヌ子爵』(1847)の三部作を始め、『モンテ・クリスト伯』(1844-1846)などの歴史小説を発表、さらに『王妃マルゴ』(1845)、『モンソローの婦人』(1846)など多作家として一世を風靡した。

デュマは何度も著作権訴訟を起こされている。デュマが混血であることから、共作者を黒子と称して小説工場と揶揄する向きもあった。とりわけ『三銃士』で協力したオーギュスト・マケとの訴訟合戦はデュマの名誉を汚すことになった。 しかし、現在の研究では、確かに共作者は何人も使ったが、作品のデュマの原作権を否定するができないことを証明している。

1844年8月28日に、彼の代表作の1つである小説「モンテ・クリスト伯」が、フランスの大手の新聞「ジュルナル・デ・デバ」において連載を開始しました。この日を記念して、ロゴが変わりました。
ロゴをクリックすると、以下の画像がスライドされます。
アレクサンドル・デュマ 生誕218周年を祝おう!
アレクサンドル・デュマ 生誕218周年を祝おう!
アレクサンドル・デュマ 生誕218周年を祝おう!
アレクサンドル・デュマ 生誕218周年を祝おう!
アレクサンドル・デュマ 生誕218周年を祝おう!
アレクサンドル・デュマ 生誕218周年を祝おう!
アレクサンドル・デュマ 生誕218周年を祝おう!
スマートフォンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示され、
アレクサンドル・デュマ 生誕218周年を祝おう!
パソコンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示される。
アレクサンドル・デュマ 生誕218周年を祝おう!
© 2020 Google LLC

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)