八島未樹 しましまったり会〜ワンマンライブ編2〜に行ってみた

LINEで送る
Pocket

しましまったり会〜ワンマンライブ編2〜
5/4(火)に行ってきました。

高円寺自体も初めて。

中はこじんまりとしたライブハウス。
ライブチケット
ライブチケット

セットリスト

  1. AUDITION
  2. パズル
  3. パラサイト
  4. Rain Rain
  5. 絆創膏
  6. あめのちくもりときどきはれ
  7. spring wind
  8. I can’t stay
  9. October
  10. 令和
  11. 線香花火
  12. neverend
  13. 砂時計
  14. ドレミの唄

しましまったり会は初めてなんですけど、サポートメンバーにba.スエツグヤスタカ、dr.稲葉”やすべぇ”康典を迎える。
サポートメンバーは既にスタンバイしており、遅れてしましまが登場した。
「ヤッホwww今日はこんなに来てくださってありがとうございます。多分都知事に怒られるんじゃないかなと思うけど、気にせずやりたいと思います。」
👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏
「私が喋れなくても、二人いるからきっと喋ってくれると思ってwwwチューニングしている間にきっと」
サポートメンバーは苦笑するしかなく、「まだ始まってもいないのにw」
「では、しましまったり会〜ワンマンライブ編2〜を始めたいと思います。宜しくお願いします。」
👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏
しましまはエレキをかっこよく弾くので、最初からロックに飛ばすのね。初めて聴く「AUDITION」から始まりました。
サビでしましまの歌声がちょっと裏返ったりするのが好きだなあ。Cメロ前のベースとドラムがかっこよかった🥁
「音大丈夫ですか❓配信の人。」
次の「パズル」は去年のワンマンライブでもエレキで弾いてたから、そういう曲なんだなと。しましまがノリノリに小刻みに動いていましたなあ。
しましまのチューニング中にドラムの心地よいサウンドに身を委ねていると、これも初めて聴く「パラサイト」。少しゆったりとしたアンニュイな曲調で、懐かしさが込み上げてくる感じがしました。
「ここにスマホ持ってきてないから、配信の人聴こえてますかね❓ヤッホー。」と、カメラに手を振るしましま。
「大丈夫❓もあり上がっているのだろうか❓」
「今日はねこんな状況の中、来てくださって本当にありがとうございます。」
「アコギになった途端の安心感ってねwエレキ練習中。」
「今日はみんなちょっと声を、何て言うんだろう❓一緒に歌う曲とかもやるんですけど、声は出せないから、みんな手拍子とかね、拳を突き上げたりとかあったりするから、参加してもらったり。」
「タオル、、販売してますwタオル、後に置いて来ちゃったんだけど、一応あの凄い大きいライブとかでも300人とか入るやつでも、タオルを回す曲とかやってたりするから、どうか手に取って貰えたら嬉しく思います。」
「持ってる人は回しても、手拍子してもいいので、一日自分のペースで楽しんで貰えたら嬉しく思います。宜しくお願いします。」
👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏
エレキからアコギに持ち替えて「Rain Rain」を披露していき、しましまの安心感が会場全体を包んでいく。しましまの路上ライブは何回も観ているので、こちらとしても安心して観ていられる🎸
思わずケチャをやりそうになる落ちサビが素晴らしかったなあ。
次の「絆創膏」は1番のAメロだけアコギだけなので、うっとりしそうになったなあ。Bメロからサビに行くにつれ、段々と高くなるしましまの歌声。感情の昂りがこちらにも伝わりました。アウトロの余韻がやばたにえん(死後かな❓)
曲が終わると、にこーっと笑ったしましまの笑顔が尊いわけだが、アップテンポの「あめのちくもりときどきはれ」でみんなクラップしていましたね👏

「今日、サポートしてくださる方を紹介したいなと思います。ドラムやすべえさん👏ベーススエツグさん👏」
「二人ともマイクがあるから、喋ることありますか。」
やすべえさんは一言「無いですねえ。」
「告知とか、お伝えしたいこと。」
やすべえさんのMCトークは早く終わった。それはしましまのアコギのチューニングが終わったことを意味する。
「今日はあのエレキも使うから、2人に振りますって言ってるから、モノマネしてくれると信じて。おお〜👏後で後でねw18日まで残りますw」
「私のトーク、トークは全然やらないでガシガシ曲やっちゃうタイプなんで、こんな時にサポートメンバーいるって、最高やねw八島未樹ワンマンやけどなw」
「心の中でイエイイエイしてもらえれば。」
アコギをジャカジャカ弾くしまもに乗せられて、クラップして楽しみお客さん達👏もちろん心の声で一緒にサビで「イエイイエイ」した「spring wind」でした。
次の「spring wind」は路上ライブでよくやってるし、しましまの曲の中で一番好きなんだよなあ。私の中では今日一盛り上がりました。
それとは対照的な感じで「October」をアンニュイな表情をしながら歌うしましま。初めて聴いたんだけど、ゆったりと穏やかな気持ちになりますね。
Aメロはアコギとしましまの歌声のみで、Bメロからベースが加わり、サビでドラムが加わる。Cメロでジーンと来たわけですが、一番最後の「愛してよ〜♪」でさらにジーンと来ました🥲
何とここでモノマネタイムが来てしまいましたwやすべぇさんとスエツグさんのモノマネはうまかったけど、しましまは。。
気を取り直して、アコギから再びエレキに持ち替えたしましま⚡️
ドラムの軽快なリズムに乗って嬉々と歌うしましま。サビで「れ〜い〜わ〜、オー、オー、オッオー」で一緒に歌えないけど、「拳を突き上げろ」で一緒に拳を突き上げたそんな「令和」✊素晴らしい歌詞のなのよ👏
エレキから再びアコギに持ち替えたしましま。スエツグさんはれーみさんとバンドを組んでいるが、ほぼMCトークをしていない話になったw
「みんな楽しんでますか❓」
👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏
「ありがとうございます。」
「今日さあ、私5/29に声帯ポリープがあって1年半粘ってたんですけど、何か正直言うと消えかけててですね。」
「でも、完全には治らないから、声帯の壁がこうやってあったら、ポリープだったのが、声帯って声を使うと結節っているのが出来て、声帯の壁がちょっと波々みたいになって、これがこうやって触れて声が出る。」
「触れるのが壁の波々になっていて、波々になっていているとしゃがれ声になるんですけど、結節っていうのに最初なって、それでそれになって使い続けていると、血管が破裂して、血豆になって。」
「その血豆は無くなっていて、ポリープっていうよりは結節何ですけど、1年半歌い続けて、その間ねほぼ歌い続けて、ほぼ歌い続けて、まさかの血豆無くなるというね。」
「でも、結節は治らないので、1年半ぐらい固まちゃって、でも、今いい状態に直すのがいいんじゃないかって思っていて、声が手術すると変わっちゃうかもみたいなことがあるらしく。」
「じゃあ、このいい状態のまま手術すれば、変わらずに歌えるんではと思いまして、5/29に決断をして、復帰できるのは、あまり無理したく無いんで、8月にライブハウス入れようかなと。」
「7月から徐々に配信とかで、声を出せる練習というか、しようかなと思っています。」
「今日、この時期で延長したくなかったんで、わがままになっちゃって、緊急事態宣言という、とんでもないなんか宣言が出てる中、あの来てくださって、家族にも内緒にしてました。」
「今日もどうか刻みつけて帰ってほしいなと思っています。それで曲を沢山やりたいなと思って、MCをねそこまでやらないようにしようと思っていて、さくさく進んでいるんですけど。」
「何と残り2曲となりました。後2曲になるんですけど、どうか聴いていただいて、耳に焼き付けて、楽しんで帰っていただけたらなと思っています。」
👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏
しましまの力でポリープを消してしますとは凄いですね。でも、手術はするので、元気な姿で戻ってくることを信じています。
「線香花火」、「neverend」と2曲続けて披露して、本編は終了になるのかなと思っていたのですが、やすべぇさんがカーテンの裏に隠れ、スエツグさんがその場で体育座りしましたw
しましまがアコギの弾き語りで「砂時計」を熱唱してくれました。セットリストのフライヤーに書かれていなかったけど(若しくは書き忘れかもしれない)、ソロコーナーを設けてくれたしましまに感謝感激でした😂
アンコールはやっぱり「ドレミの唄」で締めくくりましたね。

ライブ終了後にチェキを2種類買い、ちょっとだけしましまとお話し出来ました。
チェキ
チェキ
ライブ終了後に貰ったセットリストのフライヤー。
フライヤー

公式サイト

Copyright © 八島 未樹 All rights reserved.
© 2021 Twitter, Inc.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)