ワッデン海を称えて

LINEで送る
Pocket

ワッデン海を称えて
今日はワッデン海を称えてということで、Googleのロゴが変わっています。

ワッデン海を知らないので、Wikepediaによると、

ワッデン海(ワッデンかい、オランダ語: Waddenzee、フリジア語: Waadsee、低地ザクセン語:Wattensee、ドイツ語: Wattenmeer、デンマーク語: Vadehavet)は、北西ヨーロッパ大陸の一部と北海の間に横たわる水域とそれに関連する海岸の湿原の名前である。
ワッデン海は、南西端のオランダのデン・ヘルデルから、ドイツの河口をいくつか越えて、北端のデンマークのエスビャウ北部のSkallingenまで、全長約500kmにわたって、約10,000 km²の面積に広がっている。
ワッデン海は、陸と海が絶えずせめぎあうこの地の、干満のある広大な干潟やそれより深い溝そして群島に代表される。その地形は、大部分が激しい潮流によって形成された。
ワッデン海は、豊かな動物相、鳥類相そして植物相で知られている。今日、ワッデン海の大部分は、周辺3か国の協力で保護されている。ドイツ国境内の保護地域については、ワッデン海国立公園(英語版)を参照。1987年5月には約15万ヘクタールがラムサール条約登録湿地となった。
オランダ、デンマーク、ドイツ政府は、ワッデン海の保護と保存のため1978年から共に活動している。協力は、政治的問題だけでなく管理、監視、調査に及ぶ。さらに、1982年に、「ワッデン海の保護に関する共同宣言」が、ワッデン海の保護のための対等の活動と方策について合意された。1997年には、「三国間ワッデン海計画」が、採択された。
フリース人の一部は、ワッデン海で伝統的なスポーツすなわち泥歩き(ワドローペン)のレクリエーション、つまり引き潮の海を歩き回ることを習慣的に行う。
島々については、オランダの島の一覧、フリースラント諸島、デンマーク・ワッデン海諸島の当該項目を参照。
なお、"wad"という語は、干潟というオランダ語である。

何で今日なのか分かりませんが。

スマートフォンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示され、
ワッデン海を称えて
ワッデン海を称えて
パソコンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示される。
ワッデン海を称えて
© 2021 Google LLC

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)