植田真衣 3rd Album『Bramley』を買ってみた

LINEで送る
Pocket

植田真衣
真衣ちゃんの3枚目のアルバムを買ってみた。

1.bramley
このアルバムのリード曲ですね。
最初はアコギだけだったが、ベースとドラムが加わって、徐々にバウンドサウンドして仕上げっていく。
Aメロ▶️Bメロ▶️Aメロ▶️Bメロ▶️サビ▶️Cメロ▶️サビへと歌っていくが、最後に「ブラムリー」を繰り返して、余韻に浸らせながら、シャウトする。
息を吐くような変な音(吐息とは違う)が混ざってるので、何だこれは❓とは思う。
ブラムリーはイギリスにある青リンゴの品種だそうです。

2.屋根裏の話
屋根裏に閉じ込められてしまった悲しい物語なのかな。
そう思うと、音が悲しげに聴こえてくる。
バンドサウンドではあるが、ロックでもないし、地味に音が続いていく感じ。
屋根裏から逃げ出そうとしてるわけでもなく、今の状況を受け入れているのか❓

3.蝶番
少し暗い「屋根裏の話」とはうって変わって、明るくポップで軽快なミドルテンポになっている。
二人の仲を繋いでいた存在として蝶番に例えているのかな。
音は明るいけど、歌詞はそうでもなくて、ちょっと暗めな感じ。
二人の仲を繋いでいた蝶番が吹っ飛んで、別々の道を歩む。
比喩が中々上手いし、蝶番が無ければ、扉の意味は無くなるわけで。

4.BUBBA
この曲のみ、真衣ちゃん一人のアコギ弾き語りである🎸
曲タイトルの意味はよく分からないけど、王道のメロディ構成になっており、カントリーな感じ聴けるかな。
最後が落ちサビで終わり、アウトロは10秒以上取っている。
終始ほのぼのとした温かい歌である。

5.チーク
「蝶番」みたく、明るくポップなメロディ構成になっており、歌詞も明るめな感じだ。
チークはコスメのことだと思ったが、シソ科チーク属の落葉性高木の総称らしい。
歌詞の中に「止まり木」が出てくるから、そうなのかな。
このアルバムの中で一番短い曲。2:41。

6.ビートビートビート
疾走感溢れるメロディに真衣ちゃんのボーカルとコーラスが重なって、音色に幅が出ている。
16ビートを刻むドラムがかっこいい🥁
怖さや悲しみから抜け出して、ビートに乗って歌っていこうというノリノリな世界観。
ライブもそんな感じだよなあと改めて思う。

7.ええがっこ
サビのフレーズで「えーがっこー えーかっこして えがこーえーがいこー」がある。
ええ学校▶️ええ格好▶️描こう▶️映画行こう
ダジャレなんだろうな。
「君に疼いた〜」や「疼いた中身〜」のフレーズが、ちょっとしたラブソングっぽくもある。

8.シークレットサンシャイン
遠くで雨音がして、一本調子のアコギのリフが流れている。
この曲もアコギの弾き語りなのかなと思っていたら、2番のサビで急にバンドサウンドになる🎸🥁
歌自体は短いが、アウトロが1分と長い。バンドサウンドからアコギへと戻り、余韻に浸りながら、アコギの音も無くなっていく。
こういう静かに終わるところが、ラストナンバー向きなんだろうね。

購入サイトはこちら⏬
3rd Album『Bramley』 | 植田真衣 net shop
Bramley

商品情報

発売日: 2023/10/28
価格: ¥2,500
型番: EXL-0001
レーベル: -

収録曲

  1. bramley
  2. 屋根裏の話
  3. 蝶番
  4. BUBBA
  5. チーク
  6. ビートビートビート
  7. ええがっこ
  8. シークレットサンシャイン

おまけ



公式サイト

Copyright © 2023 植田真衣 official web site.
© 2023 Google LLC
© note

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)