しまも 1st FANMEETING LIVE “Birthday to Family”に行ってみた

LINEで送る
Pocket

しまも 1st FANMEETING LIVE "Birthday to Family"
11/23(木)に行ってきました。

「しまも 1st FANMEETING LIVE "Special Acoustic live"」のライブレポはこちら⬇️

ライブチケット

セットリスト

  1. 優しい恋人
  2. ミューシック
  3. さよならセレナーデ
  4. シンシアリー
  5. ハロー
  6. 甘恋
  7. 泣き笑い愛
  8. 小さな星
  9. 天悪(Remix)
  10. 名もない華
  11. ヒーロー・イン・ザ・ミラー
  12. 恋だとは
  13. YOU

シーティングからスタンディングへ。
セットリストを見ると、初期の曲から最新曲までふんだんに散りばめられている。
「優しい恋人」から始まりました。切ないバラード曲なので、ほぼ直立不動で観ていた私。
先程のアコースティックライブで披露しても良かったかなあと思いながら。
「皆さん、こんばんは〜。ぜひ、今日は最後まで一つになって楽しみましょう。」
少しアップテンポの曲なので、フロアにいる全員が体を揺らしながら、クラップをした「ミューシック」。マジで病気になりそうなくらいなほどしまも沼にハマる👏
「皆さん、こんばんは〜。最後まで盛り上がっていきましょう。」
「今日はしまものワンマンライブに来てくれて本当にありがとうございます。サビのところで、一緒に手を振ってください。せ〜の。」
ラップ調で早口で歌うところで、再度挨拶しながら掛け声をかけると、一斉に手を振るファンの人達👋
そして、落ちサビでケチャを送った「さよならセレナーデ」へと流れていく。
「改めまして、しまものワンマンライブに来てくださって、本当にありがとうございます。」
「とっても嬉しいです。初めて見る人めっちゃいる。えええええ。」
「初めまして、しまもです。こんな顔してます。良かったら仲良くしてください。」
「昨日寝れなくて、楽しみで、凄く寝不足なんだけど、アドレナリンが凄く出ているので、なんか人間が大好きなのね私。」
「後の人とかガン見したいから、ぜひ最後まで一緒に楽しんでいきたいので、しまものことよろしくお願いします。」
興奮冷めやらないしまもですが、バラード曲である「シンシアリー」をしっとりと歌い上げていく。
「改めまして、しまものワンマンライブに来てくださって、ありがとうございます。」
「なんか色んな年齢層の人がいるなあっていう感じで、しまもは老若男女から人気なんだなあと思いました。ありがとうございます。」
「私的に人間は年齢は関係ないと思ってます。なので、みんな50歳の人も60歳の人も四十肩の人もみんなね20歳の人も学生さんもみんな全力ではっちゃけってほしいです。」
「毎日辛いこと沢山あると思うから、みんなをハッピーにしたいと思います。」
若干お客さんをdisりつつも、面白いおかしくMCトークをするしまも。
ステージのセンター(ハンドマイク)からキーボードへ移動し、しまものお歌講座へ。
アコースティクライブも披露した「ハロー」を再びやってくれました。
クラップしながらリズムを取って楽しんでいるのが分かるほど、会場全体が揺れている。

イントロとアウトロのギターのカッティングに惚れ惚れした「甘恋」🎸
リズムよく韻を踏んでいくしまもを観ていると、心が朗らかになるなあ。
バンドサウンドの打ち込みと共にしまもの歌声が突き抜けていた「泣き笑い愛」にも最高のクラップをしてやったぜ👏🥁🎸
少しおどろおどろしいイントロからエレキギターのリフが心地よく刻まれ、ドラムのスネアの音がリズムよく足されると「小さな星」が披露されました。
今まで披露してきた曲は一線を画すのですが、バラード系が多いしまもがこういう歌を歌うんだなあと改めて再認識させられる。
青と赤の照明が点滅する中、上手から下手へと歩きながら「天悪(Remix)」を披露する。
この時私はRemixバージョンとは気づかなくて、このライブ用にかっこよくアレンジしたのかと思っていました。重低音が炸裂する中、しまものクリアな歌声が遠くまで突き抜けていた感じだ。
「天悪」を披露したのはこれが初めてで、その「天悪(Remix)」を12/1に配信されることをしまもの口から告知されました。
「今日こうやって、みんなに一人一人顔を合わせて、凄い嬉しいし、やっぱり好きだなあって思います。」
「だからこれからも大切にしていきたいと思うし、顔を見て話さないことって、こうやって顔を見ないと分からないことって沢山あるから、一緒にこうやって顔を突き合わせてするライブとかを大切にしていきたいと思いました。」
「そんなみんなと出会えたことを弾き語ります。」
再びキーボードの前に座り、最初はアカペラだったが、ピアノの伴奏と共に奏でられる「名もない華」のしなやかな歌声が身に沁みました😢🎹
本編最後は「ヒーロー・イン・ザ・ミラー」でしたが、嬉しそうに飛び跳ねてるしまもが尊い🤤
軽快なメロディと共にクラップをしてやったぜ👍
「パン・パパン👏➡️拳を上げる」を繰り返した後はサビの振付を思い出しながらフリコピしました。
「アンコールしてくださってありがとうございます。2年ぶりのワンマンライブになるんですけど、本当に沢山の人が来てくださってとても嬉しいです。本当にありがとうございます。」
「いつも当たり前みたいにライブしてたけど、全然それが当たり前じゃなくて、こうやって一つ一つの積み重ねが今に繋がっていて、今日このライブに参加してくれた一人一人の色んな感情が積み重なったおかげだなと思っています。」
「だから本当にこの時間が大切だったし、本当に明日死んでもいい覚悟でステージに上がっていました。私は歌うことが大好きで、ステージに上がることも大好きで、これ以上大好きなことが見つからないです。それぐらい歌が大好きで、音楽一本でやっています。」
「なので、これからも沢山曲をリリースしていくし、沢山作曲していくし、何度も何度も挑戦して、たまにめっちゃ挫けるけど、はい上がるところが私のいいところだと思っているので、これからも前を向いて、そんな全力な姿を届けられたらなと思います。」
アンコールの1曲目をやろうとしたら、Happy Birth Dayということで、バースデーケーキがステージに運ばれました🎂
これは粋なサプライズ⚡️みんなで記念撮影をした後は、シンプルなメロディラインで「恋だとは」を披露してくれました📸🎹
ラストナンバーは「YOU」で締めくくりました。
アコースティックライブでも披露しましたが、こちらはオリジナルバージョン。しまもがまた飛び跳ねてるw
1日中楽しかったしまものワンマンライブでした。
ライブ終了後にしまも一番くじを2回引いてみましたが、F賞でしたw
しまも一番くじ ビッグステッカー

関連記事

公式サイト

© 2023, しまも Official Site
© 2023 X Corp.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)