しまも 2nd FANMEETING LIVE “Valentine to Family”に行ってみた

LINEで送る
Pocket

しまも 2nd FANMEETING LIVE “Valentine to Family”
2/11(日)に行ってきました。

中で紙チケが貰えた❗️
ライブチケット
ライブチケット

セットリスト

  1. ココロ→バズ
  2. ヒーロー・イン・ザ・ミラー
  3. 優しい恋人
  4. 君といた街
  5. 歌うことしかできない僕の歌
  6. 小さな星
  7. 二面性スターライト
  8. 瞼を染めて
  9. 百満開花
  10. ミューシック
  11. YOU

shimamo時代からライブに行っているけど、初めて最前で観れました。
しまもが登場すると、「ココロ→バズ」から始まりました。
「みんな、最後までよろしく〜」の掛け声でクラップが鳴り響き、サビで思いっきりBIGタオルを振り回しました👏
サビの最後で一緒に手で拳を叩いて指を前に指すのは覚えたいたわ。落ちサビではケチャを送りましたよっと。
しまもがお立ち台に立って歌うと、物凄く迫力がありますね。
「皆さん、しまものワンマンに来てくださってありがとうございます」
次の「ヒーロー・イン・ザ・ミラー」では、「吉祥寺の皆さん一緒に」の掛け声で一緒に手を振りましたぞ👋
「吉祥寺の皆さん、まだまだ行けますか〜」とさらに煽っていくしまもですが、凄くにこやかな顔をしている。
「今日は皆さん、この会場に遊びに来てくださって本当にありがとうございます。」
👏👏👏👏👏👏👏👏
「私は昨日の夜、人生生きていく中で、何回ステージ立って歌えるか考えました。」
「そんな時にこうやってライブに来てくれて、当たり前のように手拍子をしてくれて、一緒に手を振ってくれて。」
「そんな時間が、本当に当たり前じゃないんだなって思いました。だから、今日は全力でね気持ちが伝わるように歌うので、最後までよろしくお願いします。」
MCトークで感謝を述べるしまもですが、ピアノの前に移動する。
ここからはピアノゾーン🎹
次に歌ったのが「優しい恋人」でした。切ないバラードを間近で聴いたせいか、心がキュンとなりました🥰
「改めまして、こんにちは。しまもで〜す。」
「私は毎日ライブの朝にファミチキを食べてライブをするんですけど、鶏肉が大好きで、毎日タンパク質を摂るようにしています。」
「ご飯が大好きすぎて、みんなにいい歌を届けたいなと思って、最近は鶏肉をいっぱい食べて生活しています。」
「なので、そのパワーみたいなものを全力で伝えられるように頑張りたいので、力を貸してください。」
鶏肉大好きなしまもですが、イントロでクラップを促し、フロアを盛り上げていく👋
「ここは吉祥寺」ということはあの歌ですね。
「みんな一緒に手をあげて」の掛け声でハンズアップしていく「君といた街」。
最後の「thank you」で持ってかれましたわ💘
やや低音ボイスでじっくりと歌うしまもの歌声に聴き込んでいた「歌うことしかできない僕の歌」。
しまもにしか表現出来ない愛の歌。間奏とアウトロのギターチューン(打ち込み)がいいですね🎸
落ちサビでケチャを送りましたぞ。

「私は最近、凄い自分の今まで活動してきたことについて、凄く沢山考えることがあるんだけど。」
「私って、凄い頭悪いんだよね。。」
苦笑いするお客さんたち。
「アホだなって思うことが沢山あるの。振り返ったら、なんであんなこと言ったんだろう❓そう言うことが沢山あるのね。」
「だから、みんなさあ安心してほしいと思う。私みたいな人がいるから、みんな私より頭いいのね。」
「だから、しまもが生きれてるんだから、僕は絶対に生きれる。私は大丈夫だって思ってほしい。」
「大変なことがあっても、ご飯食べて寝るとすぐ忘れるのね。」
「絶望する日もあるんだから、ご飯食って、いい睡眠とって、明日元気に生きよう。」
「1人でご飯食べて楽しいし、自己解決できるの。こうやって集まって楽しめばいい。」
自分を下げて、相手を上げるMCトークをするしまもだが、次に歌う「小さな星」ってそういう歌なんだなと思うと、元気が湧いてくるかな。私もしまもみたいに自己肯定感が低いから、さっきのしまものMCトークは凄く共感出来るのよ。
「二面性スターライト」でかっこいい歌声で披露してくれるしまも。自然とクラップをしていた私👏
「諸行無常、自問自答」のフレーズが好きだね。
「私は今日みんなに聴かせたい曲があって、それを今日までずっとあっためていて、自分のことを歌詞にして歌ったりしてるんだけど。」
「次に歌う曲は本当に自分の感情とか、最近あった出来事をそのまま歌詞にしている曲です。」
「今までよりも自分のリアルな一面っていうのが、凄く表れている曲だなと思います。」
「今までは自分の気持ちとか、結構強がって言わないときもあったのね。アホだから。。」
「これから素直に弱いところも言いたいなあと思ったから。」
「全然ダメダメな人間なんだけど、音楽に対する愛情とか、みんなに聴いたりして幸せになってほしい気持ちは人一倍強いの。それだけはわかってください。」
今まではshimano時代の歌や1、2年前までにリリースした曲が中心だったが、ここでようやく最新曲がやってきました。
シンプルなメロディラインにじっくりと耳を傾けて「瞼を染めて」を全身に感じていました🎹
しまもの「百満開花」は一足先に春を感じられるような、ふわっとした空間に身を委ねていました🌸
「改めまして、吉祥寺シャッフルに遊びに来ていただいてありがとうございます。」
「私はこの日が楽しみで仕方なくて、マジでさあ、毎日が大変だったけど、本当に歌えてよかったです。マジで。」
「歌うことが大好きすぎて、みんなはマジで偉いっすよ。毎日仕事して、お前凄いっすよ。」
みんなを煽ってボルテージを上げいくしまも。
「ミューシック」で再びハンドマイクを持って歌うしまも。しまもの汗が煌めいて見えちゃいます✨
アップテンポの曲なので、マジで病気になりそうなくらいなほど、しまもに心酔しちゃうわあ👏
ラストナンバーはやっぱり「YOU」で締めくくってくれましたね。最後のサビはみんなで一緒に歌ったのがエモかったよおおお👏👏👏👏
アンコールはありませんでした。
この日から発売された『hyper shimamo』は1枚だけ買いました。
物販の隣で、ファン一人一人に話してくれるしまも。認知切れされてなくて良かった😉
hyper shimamo

関連記事

公式サイト

© 2024, しまも Official Site
© 2024 X Corp.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)