アコーディオンを称えて

アコーディオンを称えて
今日はアコーディオンを称える日 ということで、Googleのロゴが変わっています。

何故、今日なのかというと、
Wikiepdiaを見ると答えがありました。

世界最初のフリーリード楽器は中国の笙であるが、これは息で空気を送り込むようになっている。この笙のようなフリーリードによる発声の仕組みを、18世紀にヨーロッパの旅行者が中国から持ち帰ったものと思われる。
アコーディオンの発明者については、諸説がある。
・ブッシュマン説 - 1822年にドイツのフリードリッヒ・ブッシュマン (Friedrich Buschmann、1805年6月17日 - 1864年10月1日) が発明した簡素な蛇腹楽器「ハンド・エオリーネ」(Hand-Aeoline) を最初のアコーディオンと見なす説。
デミアン説 - 1829年5月23日にオーストリアのシリル・デミアン(Cyrillus Damian)が特許を取得した「アコーディオン」を最初と見なす説。「アコーディオン」はデミアンによる命名で、「和音」を意味する語 accord に由来する。ディアトニック式で、全音階(メジャースケールの7音)を持ち、単一のキーのみで演奏された。
・ロシア人説 - ドイツやオーストリアで蛇腹楽器が発明される前に、すでにロシアで同様の楽器が考案されていたと主張する者もいるが、根拠は薄い。
「アコーディオン」という呼称を重視するならば、アコーディオンの発明者はデミアンである。1979年「アコーディオン150年祭」というイベントが日本でも行われた。

デミアン説が正しいとするならば、アコーディオンを発明したのが1829年の今日なんですね。
ロゴはgif画像で蛇腹のふいごに「Google」の文字が描かれています。

スマートフォンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示され、
アコーディオンを称えて
アコーディオンを称えて
パソコンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示される。
アコーディオンを称えて
アコーディオンを称えて
© 2024 Google LLC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)