マーシャ・P・ジョンソンを称えて

LINEで送る
Pocket

マーシャ・P・ジョンソンを称えて
今日はマーシャ・P・ジョンソンを称えてということで、Googleのロゴが変わっています。

マーシャ・P・ジョンソンを知らないので、Wikipediaによると、

マーシャ・P・ジョンソン(Marsha P. Johnson、 1945年8月24日 - 1992年7月6日)は、アメリカのゲイ解放運動家、トランスジェンダー活動家、ドラァグクイーン、セックスワーカー。
1960年代にアメリカで活発となったLGBTQの権利獲得運動の活動家として知られ、特に1969年のストーンウォールの反乱において重要な役割を担った。ゲイ解放戦線の創設メンバーで、友人であるシルビア・リベラと共にトランスヴェスタイト支持団体であるS.T.A.R. (Street Transvestite Action Revolutionaries) の共同創設者でもある。ニューヨークのLGBTQコミュニティ、アートコミュニティにおいては有名人であり、アンディ・ウォーホルのモデルや、パフォーマンス集団 Hot Peachesでのドラァグ・パフォーマーとして活躍した。当時、カウンターカルチャーの中心地だったニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジで主に活動し、「クリストファー通りの市長」や「ドラァグの母」とも呼ばれた。1987年から1992年にかけてはAIDS撲滅活動を目指すACT UPのメンバーとしてHIV/AIDS運動家としても活動した。

称えられる理由なんですが、去年に「ストーンウォールの反乱」から50周年を迎え、それを記念して2019/06/30に、ニューヨークで開催された「プライドパレード」のグランド・マーシャルズとして「マーシャ・P・ジョンソン」さんと「シルビア・リベラ」さんが選出されました。
スマートフォンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示され、
マーシャ・P・ジョンソンを称えて
マーシャ・P・ジョンソンを称えて
パソコンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示される。
マーシャ・P・ジョンソンを称えて
© 2020 Google LLC

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)