ハピコレ!!vol.478に行ってみた

LINEで送る
Pocket

ハピコレ!!vol.478
11/13(月)に行ってきました。

ハピコレ!!自体初めてなんですよね。
ライブチケット
フライヤーを貰う。
フライヤー
フライヤー
フライヤー
フライヤー
フライヤー
※推しのラストランプと新山詩織のみ書きます。

セットリスト(ラストランプ)

  1. 丸の内サディスティック(ex.椎名林檎)
  2. オレンジ
  3. 散々
  4. ふたり
  5. ハッピーソング

対バンでのアコースティックは初だが、ワンマンのアコースティックは以前にやっており、衣装も黒のシックでお淑やかなラストランプが再び観られるなんて🥺
⬇️

ピンクと赤の照明の中で歌う「丸の内サディスティック」はいいですなあ。
ピアノ(キーボード)はコンポーザーの大鹿さん🎹
ドラムからカホンに変わり、エレキからアコギに変わる。アコースティック編成。
大鹿さんがゆーみの後ろにいたので、上手側に座っていた私から見えづらかった😅
文稀の歌声の大人な雰囲気がマシマシ🎤
「皆さん、こんばんは〜。ラストランプです。」
「本日はハピコレにご出演、ご出演じゃないわw」
「出演させていただきありがとうございます。そして、来てくださった皆さんもありがとうございます。」
文稀がラストランプの説明をして、大鹿さんを紹介。
マイクを通さないで話すゆーみw
トラっこ拡大計画を上手く告知した後は、オレンジの照明が光ったああああ。
出だしのピアノに切なさがあった「オレンジ」。
普段はバチバチにギターを弾くゆーみだが、アコギのリフに優しさが包まれていた☺️
それに寄り添うように弾くベースのAYAKAちゃん。
最後のパートで声を張り上げる文稀の歌声がたまらない。
バチバチロックな「散々」がお淑やかにアレンジされ、より深くシックに落とし込んでいる。サビの転調で激しさを演出している。
まりなちゃんのお顔を見ると、ほっぺをふくまらせて可愛かった☺️
「なかなかね、アコースティックライブは無いので、皆さんの反応が不安なんですけれども、いかがだったでしょうか。」
👏👏👏👏👏👏👏👏
「どうですか❓アコースティック、対バン初だもんね。」
「今のところ、演奏中見れてないな。」
「見れなてない❓」
「緊張しすぎて。普段バンドなので、雰囲気も違うし。」
「お客さんも座ってらっしゃるのも新鮮じゃない。」
「凄いより曲を届けたい。届けなきゃ〜。」
AYAKAちゃん、緊張していたのね。
次に歌う曲について語る文稀。結婚式がテーマなのかあ。
ぼっち独身の私はどんな風に「ふたり」を観ればいいのか戸惑いはある🙄
ピアノがより強調されており、文稀のクリアな歌声とウィンドチャイムの音色が綺麗やったなあ✨
ラストナンバーということもあって、フロア全体でクラップが沸き起こった👏
こっちの方が結婚式感が強いけどね💒
誰もが幸せになれる世界感を描いた「ハッピーソング」で締めくくってくれました。
いつものパスステッカー。
AYAKAちゃんは残念ながらシンデレラガールということで、ゆーみ・文稀・まりなちゃんとお話ししました。
パスステッカー(セットリスト)
パスステッカー(サイン)
お楽しみパス
メンバー全員のランダムチェキは初ですね。サイン入りが当たらなくなってきたなあ😅

セットリスト(新山詩織)

  1. 何者
  2. Keep me by your side
  3. 絶対
  4. 丸の内サディスティック(ex.椎名林檎)
  5. Hate you
  6. きらきら

白い衣装とジーンズにポニテで登場した詩織ちゃん。
最初の曲からクラップが湧き起こる中で披露した「何者」。
アコギの弾き語りで、ラップ調で早口で歌う詩織ちゃんは何者❓
先月に行ったアコースティックライブと情景が重なる🎸
⬇️

「改めまして、こんばんは。新山詩織です。」
「今回はハピコレイベント出演ということで、久しぶりのイベントだったので、とても楽しみにしてました。」
対バンする出演者について語る詩織ちゃん。初音とラストランプは初見と✍️
「次の曲は1曲目にやった「何者」が入っている今年の7月にリリースしました『何者 〜十人十色〜』から、その中からもう1曲やりたいと思います。」
さりげなく最新アルバムを宣伝しつつ、次の曲を繋げていくMC力が上がりしたね💪
青い照明をバックに白いスポットライトが詩織ちゃんに降りてくる。
その「Keep me by your side」では、詩織ちゃんのクリアで精錬された歌声がフロア全体を覆っていき、私は浄化されるような気分になりました✨
じっくり聴かせる系なので、クラップは起こらなかった👍
すると、青い照明が消えて、白いスポットライトだけになった。
5th Singleの「絶対」を出してきた。初期の頃の曲なので、懐かさしさもありつつ、カントリーな感じで、気持ちがふわっとする。詩織ちゃんの左手の動きを凝視してしまいました🎸
サビで声を大きく出していくので、初見のお客さんは「おっ❗️」って思ったかな。
「ここで一曲カバーしたいのですが。」
ラストランプがカバーした「丸の内サディスティック」を詩織ちゃんもカバーするだと🫢
私的には俺得なわけで、これはクラップしないとね👏👏👏👏👏👏👏
同じ曲だから照明も同じく赤とピンク💡
バンドスタイルとアコギ弾き語りの「丸の内サディスティック」はどちらもいい味を出していました。
「それではこの勢いのまま次の曲に行きたいのですが、皆さんまだ行けますか❓」
👏👏👏👏👏👏👏
「次の曲は皆さんの手拍子をちょっと頼りたくなるような、そんな曲なので良かったら一緒にノリながら、声出してもいいです。楽しんでください。」
「Hate you」でクラップをすると、ミドルテンポが心地良く、体全体がノってくる。
「最後の曲に行く前に皆さんに絶対絶対お伝えしておきたいことがありまして、私がアーティストデビューしたのが、2012年12月12日なんですが、来月の12月12日同じ日にワンマンライブの開催が決定しました。」
「本当にこの記念日には毎年ワンマンライブをやらせていただいているんですが、今年も年が変わる前にライブが出来るということで、嬉しいです。」
「会場が東京の渋谷WWWなんですが、まさに私がメジャーデビューをして、初めてライブを行った場所なので、本当に個人的にも思い入れのある場所です。本当に嬉しくて、あっという間ですね。」
ちゃんとワンマンライブの告知をして、ラストナンバーは「きらきら」を披露してくれました。
この曲を聴くと子守唄のようで、いつも癒されるんですよね。
物販に詩織ちゃんが立っていて、ちょっとお話ししたけど、流石に認知されてなかった😅
まだ持っていなかったビッグシルエットTシャツ【ワンポイント】を買ったら、直筆サイン色紙が付いてきた。沢山余っているのかな❓
ビッグシルエットTシャツ【ワンポイント】
直筆サイン色紙

公式サイト・SNS

© B ZONE, INC.
​©ラストランプ
© 2023 X Corp.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)