billboard classics Mai Kuraki Premium Symphonic Concert 2023【東京】に行ってみた

LINEで送る
Pocket

billboard classics Mai Kuraki Premium Symphonic Concert 2023
12/10(日)に行ってきました。

東京国際フォーラムだけ行きました。
ライブチケット
グッズの全買いはしませんでした😅

ペンライト
ペンライト

クリアファイル2枚セット
クリアファイル2枚セット
クリアファイル2枚セット

ワイヤレス充電器
ワイヤレス充電器

プログラムとフライヤー(麻衣ちゃん関係のものだけ)。
プログラム(表)
プログラム(裏)
麻衣ちゃんのフライヤー(表)
麻衣ちゃんのフライヤー(裏)
billboard CLASSICSの袋

セットリスト

  1. Mai-K's Time Machine
  2. Secret of my heart
  3. Secret, voice of my heart
  4. 渡月橋 ~君 想ふ~
  5. 冷たい海
  6. Time after time 〜花舞う街で〜
  7. 儚さ
  8. free ~ smile
  9. Prelude for Mai-K
  10. Stay by my side
  11. 白い雪
  12. Reach for the sky
  13. Love, Day after tomorrow
  14. ひとりじゃない
  15. chance for you
  16. always

黒い正装の東京フィルハーモニー交響楽団のメンバーとゲストピアニストの榊原大がステージに登場してスタンバイ。
遅れて、いくろう先生と麻衣ちゃんが登場。
プレリュードは現在から過去へとタイムスリップするということで、メドレー形式で麻衣ちゃんのヒット曲をオーケストラのみで演奏された🎻
その麻衣ちゃんの衣装ですが、ティアラを頭に乗せて純白のドレスだったので、まるでシンデレラのようで尊すぎる✨🫅👏
ステージの照明に合わせて、ペンライトの色を変えて左右に振る。
そんなわけで「Secret of my heart」と「Secret, voice of my heart」を披露するんだけど、似ているタイトルを2連続で持ってくるセンスが最高👍
ピアノの柔らかい音と深みのあるストリングス、透き通るようなウィスパーボイスにビブラートを効かせた麻衣ちゃんの歌声が会場全体を包み込む。
「皆さん、こんばんは〜。お元気そうで嬉しいです。」
「無事にこの会場に駆けつけてくださって、遠方から来てくださって、本当にありがとうございます。」
「「billboard classics Mai Kuraki Premium Symphonic Concert 2023」、初日は福岡から始まりまして、ちょうど中盤になりますが東京公演で、沢山の皆さんにお越しいただき嬉しく思います。」
「今日はゆったりじっくり、フルオーケストラの美しい音色を堪能していただきながら、ペンライを振ったり、一緒に合唱して、楽しんでいただけたらいいなと思います。」
「一緒にここの東京公演で、特別にお届けする素晴らしい演奏者をご紹介させてください。」
MCトークから東京フィルハーモニー交響楽団のメンバー、ゲストピアニストの榊原大、いくろう先生を紹介する麻衣ちゃん。
ステージの赤い照明とフロアの赤いペンライトがグッと艶やかに演出された「渡月橋 ~君 想ふ~」。日本舞踊のように手振りを交えながらクリアな歌声と和風情緒のメロディが堪らない。
次は「冷たい海」ということで、ペンライトを海をイメージさせる青系の色に切り替える。照明も青に変わり、麻衣ちゃんのドレスにうまーく染まっていく。
ストリングスのピチカートによる演奏のイントロと切なくて悲しげな旋律のピアノ、ファルセットのハイノートでどこまでも伸びる麻衣ちゃんの歌声に酔いしれていました。
薄紅色の照明の中で披露された「Time after time 〜花舞う街で〜」はイントロのバイオリンソロが素晴らしく、和の情緒溢れる演奏でしたね。私はペンライトの色をピンクにする🌸
そして、「儚さ」も同じように和の情緒が溢れており、麻衣ちゃんの歌声が良すぎて、危うく眠そうになった😅
第一部の最後を飾ったのは、洋楽のメドレーでした。デニース・ウィリアムスの「free」とチャールズ・チャップリン作曲の「smile」の英語詞による歌唱はと打楽器のオーケストラアレンジは正に神の領域✨

20分の休憩を挟んで、第二部へ。
いくろう先生が麻衣ちゃんへ捧げる「Prelude for Mai-K」。壮麗でゴージャスな音色を奏でていると、真紅なロングドレスに衣装チェンジした麻衣ちゃん。頭の王冠が自由の女神みたいだ👑
観客に手振りを求めながら歌った「Stay by my side」ですが、ドラマチックなアレンジに感動した😂
「ありがとうございます。」
「とってもペンライトを綺麗に振っていただいて、星空の中にいるような、そんな感じがしますけど、お楽しみいただけますでしょうか。」
👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏
「シンフォニックコンサートで皆さんからリクエストを沢山いただいていて、コンサートで聴いてみたい楽曲を先程「Stay by my side」という曲をお届けさせていただいんですけども。」
「東京公演ではまたリクエストをいただいた曲達を引き続きお届けしていこうと思っています。」
「次の楽曲なんですけど、実はスペシャルに演奏者の方、ゲストをお呼びしてお届けしたいなと思います。」
ここで東京ベルオーケストラのメンバーが登場する。
東京ベルオーケストラのメンバーが奏でるハンドベルと白いペンライトで一気にクリスマスムードへと変わっていた「白い雪」⛄️🔔
うっとりと聴きいってしまいました。ステージに映し出された雪の結晶が印象的でした❄︎
「改めまして、東京ベルオーケストラの皆さんでした。」
「実は東京ベルオーケストラの皆さんとは、一度「SAFEST PLACE」という楽曲でご一緒させていただいたことがあって、今回の公演に久々に初めて「白い雪」をお届けさせていただきました。」
「凄くクリスマスにあったかいベルでした。」
「ええ、クラシックゆっくりお楽しみいただけてると思うんですけど、お水とか飲まれて全然構いませんので、乾燥してますよね。お手洗いとか行ってきて構いませんので、ゆっくりとお楽しみください。」
麻衣ちゃんの天然発言が出てきたが、ここからはペンライトと手を振りながら楽しんでしましたな👋
「Reach for the sky」で軽やかなサウンドとファルセットを交えたクリアな歌声が全身に身に沁みる。そして、色とりどりのペンライトによって会場中が彩られていく。
Jazzyなイントロピアノでわいたデビューシングルの「Love, Day After Tomorrow」へと移っていく。お馴染みの「L.O.V.E.」のハンドサインとクラップでテンションがCLIMAXになる私🎹👏
そして、「ひとりじゃない」は麻衣ちゃんの掛け声で途中からシンガロングとなり、"ラララ"を一緒に歌いました。ステージを上手から下手へと歩きながら熱唱する麻衣ちゃんが可愛い🤤
「次で最後の曲になりました。みんなでこの楽曲に気持ちを重ねて、一緒に歌えたらいいなと思います。」
「色んな場所で想いを重ねて、歌わさしている曲です。」
本編最後は「chance for you」でした。もちろん観客と一緒に合唱し、サビで左右に手を振ったり、様々な色のペンライト振ったりしながら、会場全体が一体感に包まれました。
「ありがとうございます。」
「色んな時があったかと思いますけど、2023年が残りわずかとなりました。いろいろな時を乗り越えて、皆様に次の楽曲をお届け出来ることを嬉しく思います。」
アンコールはやっぱり「always」でしたが、これを麻衣ちゃん自らがスマホでTikTok撮影📹
⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

@mai_kuraki #billboard classics #billboard classics Mai Kuraki premium symphonic concert2023 #藤原いくろう #榊原大 #野口千代光 #倉木麻衣 #always #大合唱 #東京国際フォーラム ♬ オリジナル楽曲 - 倉木麻衣 公式アカウント


「色んなことを乗り越えて、ここに集まってくださったお一人お一人に大きな拍手をお願いします。」
👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏
デビュー25周年イヤーに突入したこと。
デビュー記念日の12月8日に全439曲がサブスク解禁されたこと。
昨年から温めていた曲「Y☺︎u & I」がTVアニメ『名探偵コナン』のエンディングテーマとして12月22日に配信リリースされることを告知した。
👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏
上手、下手、センターでお辞儀をするいくろう先生と麻衣ちゃん。
一旦、ステージをはけるも、再びステージに登場して、再度お辞儀をする。
いくろう先生だけステージをはけ、ステージに残った麻衣ちゃんは大きなハートを指で描いてフロアにぶん投げました💕💞💓💗💖💘💝
これはスタンディングオベーション👏

関連記事

公式サイト

© NORTHERN MUSIC.
© 2024 X Corp.
© 2024 TikTok

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)