桂マサ子を称えて

LINEで送る
Pocket

桂マサ子を称えて
今日は桂マサ子を称えてということで、Googleのロゴが変わっています。

桂マサ子を知らないので、Wikipediaによると、

桂マサ子(かつら まさこ、1913年 - 1995年)は、日本出身でアメリカで活躍したビリヤード選手。ニックネームは「カツィ(Katsy)」。「ビリヤード界のファーストレディ」とも呼ばれた。1950年代に流行したキャロム・ビリヤードを得意とした。桂は、当時極度の男性社会であったプロビリヤード界に女性が進出する先駆けとなった。最初の師匠は一番上の姉の夫で、次いで日本チャンピオンの松山金嶺が師匠になった。松山の指導の下、桂は日本でただ一人の女性プロビリヤードプレーヤーになった。日本では、スリークッション制のビリヤード大会で2位を3回取った。
1950年に在日米軍の陸軍士官と結婚し、1951年に夫と共に渡米、1952年の世界スリークッションチャンピオンシップに特別出場し、10人中7位となった。桂は世界トーナメントに出場した初の女性となった。これで有名となり、世界チャンピオン8回のコクラン、世界チャンピオン51回のホッペとの米国エキシビジョンツアーを行っている。1953年の世界スリークッションチャンピオンシップでは5位、1954年には4位となった。
その後、たまたまアメリカでスリークッションの人気が低迷してしまい、桂はしばらく試合に姿を見せなかった。1958年にはハロルド・ワーストとのエキシビジョンマッチを30回おこなったが、トーナメントには出場していない。1959年には、ABCの『You Asked for It』、CBSの『What's My Line?』という2つの番組でテレビ出演している。1961年には世界スリークッションチャンピオンを賭けてハロルド・ワーストと対戦するが、敗れている。その後は、ビリヤード本の著者ロバート・バーンが1976年のちょっとしたエピソードを披露している他には、記録がない。1990年に日本に戻り、1995年に死去。

ビリヤード選手だったのですね。何で今日なのかというと、桂マサ子の初試合が1952年世界スリークッションビリヤードトーナメントの大会2日目の1952年3月7日だから。
ロゴに描かれているビリヤード台には「Google」の文字が🎱

スマートフォンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示され、
桂マサ子を称えて
桂マサ子を称えて
パソコンで何かを検索すると、画面上部に下のロゴが表示される。
桂マサ子を称えて
© 2021 Google LLC

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)