SARD UNDERGROUND LIVE TOUR 2022 [in the twilight]に行ってみた

LINEで送る
Pocket

SARD UNDERGROUND LIVE TOUR 2022 [in the twilight]
10/23(日)に行ってきました。

少し月日が経ってますが、記したいと思います。

結構遠かったな。
ライブチケット
前物販でライブグッズを買いました。
ミニポスターは心優しいファンの方のおかげでコンプリートしました😭

Tシャツ(アイボリー)
Tシャツ(アイボリー)

twilight タオル
twilight タオル

twilight バッグ
twilight バッグ

A4クリアファイルセット
A4クリアファイルセット
A4クリアファイルセット

ミニポスター(神野友亜)
ミニポスター(神野友亜)

ミニポスター(杉岡泉美)
ミニポスター(杉岡泉美)

ミニポスター(坂本ひろ美)
ミニポスター(坂本ひろ美)

ミニポスター(神野友亜/杉岡泉美/坂本ひろ美)
ミニポスター(神野友亜/杉岡泉美/坂本ひろ美)

グッズを10,000円以上お買い上げの方に先着でオリジナル缶バッジが貰えました。
缶バッジ

セットリスト

  1. 花火よ燃え尽きて海に舞い上がれ!
  2. 擦り傷だらけの純情
  3. 世界はきっと未来の中(★)
  4. IN MY ARMS TONIGHT(★)
  5. もう少し あと少し・・・(★)
  6. 揺れる想い(★)
  7. これからの君に乾杯
  8. 少しづつ 少しづつ
  9. ブラックコーヒー
  10. 永遠(★)
  11. 恋が待ち伏せしてた午後
  12. 君には敵わない
  13. イチゴジャム
  14. 空っぽの心
  15. こんなにそばに居るのに(★)
  16. I'm in love(★)
  17. 愛が見えない(★)
  18. マイ フレンド(★)
  19. 負けないで(★)
  20. 遠い日のNostalgia(★)
  21. Don't you see!(★)

※(★)ZARDカバー曲
会場に入ると椅子の上にフライヤーが置いてありました。Beingは手広く事業をやっているんだな。
フライヤー
フライヤー
ブルーライトに染まったステージの中でSEが流れ、サポメン岩井さんと車谷さんが姿を現した。この二人無しではこのライブは成り立たない。
拍手のボリュームがどんどん大きくなると、ろみさん、杉ちゃん、友亜ちゃんが登場した。
イントロ無しのロックチューンをぶちかましたのは「花火よ燃え尽きて海に舞い上がれ!」でした。
割と前の方にいたので、ろみさん、杉ちゃん、友亜ちゃんがご尊顔がよく見えたし、コーラスもちゃんと聴こえたよ。
1曲目からテンションの高い曲を持ってきたので、自然とクラップに力が入る👏落ちサビでケチャを送り、岩井さんのギタープレイに痺れるわ🎸
薄手のパーカーを着ている友亜ちゃんですが、萌え袖でハンドマイクで歌うのは反則です🥰
次の「擦り傷だらけの純情」も盛り上がる曲で、サビで「あなただけ」のところで指を差す友亜ちゃんがかっこいい。
水色のシャツにジーンズのシンプルな衣装の杉ちゃんに、黄色系のシャツを着ているろみさん。
車谷さんのかっこいいドラムでアウトロをカッコよく締めた🥁
「皆さんこんばんは、SARD UNDERGROUNDです。」
各自自分の名前を名乗った後に丁寧に頭を下げる謙虚さはデビュー時から変わっていませんね。
第一声の後、各自、自分の名前を名乗った後に「よろしくお願いします。」と言って丁寧に頭を下げる姿は、デビューから3年経っても変わらない3人の謙虚さを感じさせる。
「大阪から少し時間が経ちましたが、東京の皆さん元気ですか❓
ありがたいことに毎年ライブツアーを開催させていただいて、皆さんにお会いできて本当に嬉しいです。
今日は最後まで是非楽しんでいってください。」
友亜ちゃんのありがたいお言葉をいただいた後は、ミニアルバム『日の名残り』からZARDのカバー曲が4曲続いていく。
照明が赤やオレンジ、黄色と変わっていき、ライブでは初披露となる「世界はきっと未来の中」ではイントロ、間奏、アウトロのろみさんのピアノが綺麗に決まっていき、そこに友亜ちゃんのクリアな歌声が重なっていく。
次の「IN MY ARMS TONIGHT」も初披露ではあるが、あの甘い声を出す杉ちゃんから想像出来ないほどにどっしとしたベースを奏でる杉ちゃん。
真っ暗なステージから徐々に照明が着いていく演出と影絵を投影したような映像にうっとりとした「もう少し あと少し・・・」では心が揺さぶられている私がいました👏
緑の照明が綺麗だった「揺れる想い」ですが、3人の清楚さがより際立った感じがした。
スタンディングのままだった観客に向かって「座ってくださいね。」と気遣いの一言をかける友亜ちゃんは最高か☺️
「私達はZARDさんのトリビュートバンドとしてデビューして先月で3周年になりました。
あっという間でしたけど、今もこうやってZARDさんの楽曲を演奏させていただけることが心から幸せです。
いつも応援してくださっている皆さんのおかげだと思っています。本当にありがとうございます。
活動を続けるにつれ、ZARDさんの楽曲や、坂井泉水さんの魅力をもっと深く知って、未だにどんどん好きになっているので、これからも演奏していけたらなと思っています。」
そして、SARD UNDERGROUDのオリジナルナンバーであり、シングル曲を披露していく。
2ndシングル「これからの君に乾杯」⏩1stシングル「少しづつ 少しづつ」⏩3rdシングル「ブラックコーヒー」👏
泉水さんの未公開の詞を元に作られた曲から友亜ちゃんが作詞した曲へと変わっていく様を観ていくと、ZARDのトリビュートバンドではあるものの、SARD UNDERGROUNDのオリジナリティを徐々に出してきた一年であることを改めて実感した。
ZARDのバラードナンバーである「永遠」を感情を込めてライブパフォーマンスする出立ちは圧巻でも言ってもいいほど、三人の凄さがパワーアップしたと言っても過言ではない。

ここでリラックスムードで秋をテーマにしたMCトークを繰り広げる三人。
「先月リリースした『日の名残り』というアルバムは、オールシーズン聴いていただける作品に仕上がったかなと思っているんですけど、今の季節は“秋”ということで、ちょっと秋のお話しましょう!」(友亜ちゃん)
「秋と言えば?!ってやつですね!」(杉ちゃん)
「秋と言えば、梨、柿、いちじく等、“果物”。」(ろみさん)
オーガニック女子でイジられるろみさん。
「“お芋(さつまいも)”。アイス等、この時期はさつまいも系のスイーツがメッチャ美味しくて、オススメです。」(杉さん) 
「秋は一番色鮮やかな季節。オレンジが好きなので、紅葉とか、一人旅で見に行きたい!」(友亜ちゃん)
友亜ちゃんは写真を撮るの上手いんだね📸
テーマを決めないとMCトークが出来ないことを暴露してしまったところで、、
「次の曲は結構秋向きかなと思っていて、今こうやって大変な状況の中で皆さんに気軽に会えなかったり、声を出せなかったりすると思うんですけど、そういう中でも起こること全てに意味があると信じて、明日を前向きに見つめられるような、心のそばにいられるような楽曲になればいいなと思って作詞をしました。
皆さんの人生が愛に満ちた物語であるように、願いを込めて歌います。」
ミニアルバム『日の名残り』からのミディアムチューン「恋が待ち伏せしてた午後」を披露する。サビでは友亜ちゃんと一緒に手を振ったのか良かったなあ👋
途中でお水を飲んだ友亜ちゃん。大丈夫かな❓ちょっと心配しちゃったけどね。
アップナンバーである「君には敵わない」では3人の心地よいハーモニーに酔いしれながら、軽快にクラップをしていく私👏
赤やピンクの照明が印象的だった「イチゴジャム」。カラフルポップチューンで、下手から上手に歩く友亜ちゃん。そして、杉ちゃんと背中合わせでライブパフォーまんをしているではないですか。
今度はろみちゃんに体を引き寄せているだと。今までアグレッシブなアクトをしていなかったSARD UNDARGROUNDの新たな一面が観られました🍓
ここで最新シングル「空っぽの心」が来ましたかあ。メリハリのあるロックチューンでボルテージが上がっているステージを観ていたらテンションが高まりますね。
間奏で岩井さんと車谷さんが楽しそうに演奏しているのが分かる🎸🥁
ここからはアンコールまでZARDの曲が続いていきます。
「皆さん、楽しんでますか〜」
テンションが上がって暑いという杉ちゃん🔥
寒くなってきたので、「クリスマス ケーキ」を披露はまだ出来ていないと言うことで、クリスマスに配信するらしい。杉ちゃんが圧をかけてくる😅
クラップを煽りに煽りまくった後は「こんなにそばに居るのに」での岩井さんのギタープレイが最強にカッコよかったなあ🎸
次の「I'm in love」と「愛が見えない」を観ていたら、多少のアレンジはされていたものの、泉水さんとは引けをとらない友亜ちゃんの歌唱力の高さに圧倒されました❗️
披露したこの3曲も初披露であり、バチバチのロックチューンを見事にやり切った3人に盛大な拍手を送りましたね。
力強いタッチや勢いあるグリッサンドのプレイでステージを沸かせたろみさんと天然なイメージのある杉ちゃんから想像出来ないほどクールで難しいフレーズをやってのけた2人は凄い(小並感)。
ド頭のアカペラが心に響いた「マイ フレンド」で手が赤くなるほどにクラップをしてやったぜ👏
やっぱり本編最後は「負けないで」が来ましたね。車谷さんの「1,2,3,4」の大声が私の方まで聴こえました。
鳴り止まない盛大なクラップに応え、ツアーTシャツに着替えて再び登場した。
SARD UNDERGROUNDはインディゴを着て、岩井さんと車谷さんはアイボリーを着ている。
ろみさんにスポットライドが当たり、綺麗なキーボードソロからZARDのミディアムバラード「遠い日のNostalgia」が披露された🎹
「アンコールありがとうございます。大変な状況が続いておりますが、こうして皆さんにお会いできて胸がいっぱいです。皆さん来てくださって今日は本当にありがとうございます。
スタッフの皆さんにも感謝したいと思います。これからもSARD UNDERGROUNDで皆さんの心に寄り添えるような音楽を届けていけたらなと思います。応援よろしくお願いします。」
サポートメンバーとツアーグッズ紹介がされ、ラストナンバーは「Don’t you see!」だよなあ。
友亜ちゃんと共にサビ頭の「♪Don’t you see!」で腕を突き出すポーズをしたりして、最初から最後までテンションGIGAMAXでライブを楽しめてくれたSARD UNDERGROUNDに敬意を表したい。
ライブ後は再びサポメンを紹介し、3人でステージの上手⏩下手⏩センターへと移動しながら手を振っていったので、私もそれに応じて手を振りました👋
お辞儀を何度もしながら感謝を伝えて幕了した。

公式サイト

©SARD UNDERGROUND All Rights Reserved.
© 2022 Twitter, Inc.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)