しまもわーるど 第2話に行ってみた

LINEで送る
Pocket

しまもわーるど 第2話
10/24(土)に観ました。

ツイキャスでMboxxからの無観客ライブ配信を観ました📹
しまもわーるど第2弾です。

セットリスト

  1. 恋するきもち
  2. イニミニ
  3. Now on!
  4. 天使のお砂糖
  5. 楓(ex.スピッツ)
  6. 笑って
  7. はみでる
  8. ジャックランタン
  9. ツーアウトロマンス
  10. 1メートル
  11. さよならセレナーデ
  12. YOU
  13. ハロー

どこからともなく聴こえてくるピアノの音色🎹そして、ストリングスの音が重なって、心地よく聴こえる。
しかし、しまもの表情が窺い知れない。
しまもの手元にカメラがズームし、「皆さん、こんばんは〜」のしまものはつらつとした挨拶で、お顔が見えました。
「しまものハロウィンパーティーへようこそ」
「今日は最後まで一緒に楽しみましょう」
衣装は黒い服で、アクセントとして白いラインが入っている。
「恋するきもち」から始まりましたが、サビ終わりにクラップを2回するところがキュンときた👏🏼
透き通るような歌声に、リズムに乗って体を揺らすしまもが楽しそうにライブを楽しんでいる。
ハンドマイクに持ち替えて、「イニミニ」でカメラ目線で歌うしまも。歌詞に「はい。チーズ。」とあるのですが、そこでピースサインをするしまもがエモい✌️
下手から上手にちょっと小走りして、カメラ目線で歌う仕草がキュンですね💞
「改めまして、こんばんは。」
「今日はしまものハロウィンパーティーに来てくれて、本当にありがとうございます。」
「今日は画面のみんなと一緒に、どこに住んでいるにも関わらず、どこにいる人とも一緒に画面を通じて一緒に楽しみたいと思っています。」
「ぜひ、最後までどんどんどんどんみんなと気持ちを一つにしていきたいと思っているので、一緒に楽しんでってください。」
「というわけで、次の曲もまだまだ行きますか〜👊🏼」
「もっともっと行きますか〜👊🏼」
「行くぞ〜」
ハイテンションになったしまもが次に歌うのは「Now on!」。拳を前に突き出して歌うしまも。下手、上手、ステージの真ん中に移動しながら、笑顔を振り撒きながら忙しなく動いていく。
テンポが早い曲なので、あっという間に終わってしまったけど、こっちのテンションも上がってきました。
クールダウンするかのように、ゆったりと歌う「天使のお砂糖」。サビでは声を張り上げて歌いますが、ピアノとの相性がばっちりの楽曲🎹
「次の曲は私がとても大好きな曲をカバーさせていただきます。この季節にぴったりな曲です。」
スピッツの「楓」っていう曲なんだけど、私は知らないんだよね←
でも、「天使のお砂糖」と同じくピアノとしまもの歌声に耳を傾けて、じっくりとゆったりと聴けました。

「ありがとうございます。」
「次の曲はハロウィンライブということで、みんなにこのライブをめっちゃ楽しんでくれてほしいと思ってて。」
「でも私とか毎日怒られっぱなしなんだけど、だからみんなに笑顔になってほしいと思って、この曲を歌いたいと思います。」
「聴いてください。「笑って」。」
私も仕事で怒られたりしますが、この歌を聴くと、心に刺さるものがあって、前を向いて頑張ろうと思っています。
再びハンドマイクに持ち替えて、「はみでる」を歌います。こちらも明るい曲となっており、ふわふわした気持ちになります(小並感)。
一瞬、かぼちゃが映し出されますが、しまも名義になってデジタルリリースされた「ジャックランタン」を披露します。
「ありがとうございます。」
「今日は何と新曲を持ってきました〜。」
「「ツーアウトロマンス」という曲を昨日ですね。リリースしました。」
「そしてこの曲、皆さんのおかげで、今日❓デイリー4位にランクインしてて、本当にありがとうございます。」
「この曲はピンチをチャンスに変えて、前に進んでいこう。そういった前向きな意味が込められている歌詞とメロディになっております。」
「ぜひ、この曲はみんなで一緒にライブで盛り上がりたい曲になっているので、みんな一緒に楽しんでください。」
「聴いてください。「ツーアウトロマンス」。」
その時に裏ピースするしまもが尊い💞
下手から上手に向かってスキップしたり、カメラに向かって指をさしたり、左手を握って胸に叩いたり、しまもの仕草が忙しい。
この曲はshimamo時代に「super shimamo world PREMIER LIVE vol.3」で新曲として披露しましたが、しまも名義に生まれ変わって、世に出されたことは嬉しく思っています。
ほんと、観ているだけで、楽しくなるような感じですね。

しまもはスマホを取り出しながら、ツイキャスのコメントを読んでいく😄
ロングスカートの色はパンプキン色だったのか🤔
「みんなで💙を書いてください」ということは、次は「1メートル」ですね。
サビで手を振るのはお約束👋コメントにはもちろん💙が埋め尽くされている。
「今日はしまものハロウィンライブに来てくださって、ありがとうございます。」
「こんな私ですが、一日一日みんながこの日にどうやったら楽しんでもらえるかっていうことを考えて、ここまで挑んできました。」
「凄くこの日までに新曲を作ったりもそうだけど、水面下の活動が続いて、最近凄く沢山自分の想いとかを素直に歌に出来るようになりました。」
「それはみんなのおかげであって、いつもこれまで私がこう活動してきたのって、最近長いじゃないですか。」
「5年っていう年月があって、最近知り合ってきた人もそうだし、それぞれ沢山の出会いが凄くありました。」
「いろんな人もいました。なんかサイン会とかで、泣いちゃう人もいるし、私に会って。」
「凄く訛っている人もいたし、一番初めて会ったのに、凄い不細工だねって言われたりとか。」
「でも、不細工って言われたのは理由があって、何かしまもってよく見ると、可愛いねって言ってくれる人で、私のことを応援してくれる方でした。」
「いろんな人がいて、私の為に凄くその日にライブとか考えてくれたりとか、沢山の出会いがあったからこそ、自分があって。」
「それで今までっていうのは、自分に曲にすることが出来ませんでした。なかなか。でも、沢山のことを経験を積んで、失敗も含め。」
「でも、私が失敗っていうのは、これからにとって大切な自分の経験になったので、そのおかげで私は今、曲を作ることが出来ます。」
「これからも沢山の想いを全力で歌にして、みんなに届けたいと思っております。」
「だから今日はみんなに伝えたいこと、全力で歌うので、聴いていただけたら嬉しいです。」
MCトークで色々ぶっちゃけったけど、色んな積み重ねがしまもを成長させてきたし、表現の幅が広がって来たのかなあって。
しまもになってもshimamo時代の楽曲を想いを込めて歌ってくれるから、応援し続けたいと思っています。そんなことを思いながら「YOU」を聴いていました。
最後は「ハロー」で締めくくられました。
この後の告知で「配信ワンマンライブ しまもわーるど Zepp Tokyo編 開催決定❗️」
「2021年1月11日(月祝)14:00 START」
さらに「11月28日(土)19:00 Online Oneman Live 開催決定❗️」
「しまも バースデーワンマンライブ 〜365日のありがとう〜」
さらにさらに「JOYSOUND カラオケ配信決定❗️❗️」
「「YOU(2019 ver.)」と「ジャックランタン」が11/7(土)配信スタート❗️❗️」


関連記事

公式サイト

© SHIMAMO ALL RIGHT RESERVED
Copyright (c) 2009-2020 Moi Corp. (Moi Labs inc.)
© 2020 Twitter, Inc.
© 2020 Google LLC

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)